« 有吉城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 宮津八幡山城跡(京都府宮津市) »

2008年10月22日 (水)

上宮津城跡(京都府宮津市)

new 京都府宮津市喜多にあって近畿タンゴ鉄道「喜多駅」の真西側に聳える山の山上が城跡、一色氏の重臣であった小倉氏の居城と伝わり別名喜多城あるいは小倉城とも呼ばれているが詳細は不明

城跡へは宮津市内から鉄道沿いに県道9号を南下した場合、喜多で道路を集落内にそれて目印としての簡易郵便局を目指す、到着すれば道向かいの公民館に駐車させてもらい、そのままルート図の如く道路を歩いて数10m南下、右手(西側山手)に鳥居が眼に留まれば民家横の細道から神社に上る。神社背後からは本来参拝道があったと見えて、荒れた急な山道が山上までは通じているので、迷わず主郭まで(15分程度)辿り着く事が出来る。

現状(10/9)城跡は藪化進行中ではあるが、この時期でも視認に難渋する事も無く、遺構はほぼ判別確認できる状態にある。特に郭切岸の状態は非常に良く、北郭の東側壁及び主郭周囲の切岸などは木々の間からでも、とても美しいものを拝む事が出来る、更には明確に郭形状が掴めるので山上における縄張りはほぼ把握する事が出来た。城跡全体を見る限りにおいては技巧的な遺構はほとんど無く、低山でありながら急峻な地形をフルに利用し、高低差を伴う切り立った切岸で以って守備としている様に窺われる。

山上郭群に土塁などは一切見当たらず、技巧的な遺構は皆無(四方斜面を全て確認した訳ではない)、規模からしても山上南北200m内に収まる中型に属する山城ではあるが、切岸の醍醐味及び迫力は先に寄った有吉、山田城跡と並ぶものがあり、更に縄張り妙味にも富んでおり非常に楽しむ事の出来た城跡の一つになった。

京都丹後地方の山城はどれも郭切岸がしっかり残存しており、切岸高低差のある事から見応えもあり、山城としての醍醐味に富んでいる城跡が特に多い様に感じられる。

1route 登城ルート

6_jinjya_e 神社への進入口

3miya 城跡概念図

12_kitakau_gedankaku_1 北下段郭

18 北郭

13_kitakaku_heki 北郭北壁

21_kitakaku_yori_shukaku_heki_1 北郭より主郭切岸

24_shukaku 主郭

31_kitakaku_higasi_heki_1 北郭東切岸

25_shukau_nisi_sita 主郭西郭

« 有吉城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 宮津八幡山城跡(京都府宮津市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24431250

この記事へのトラックバック一覧です: 上宮津城跡(京都府宮津市):

« 有吉城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 宮津八幡山城跡(京都府宮津市) »

無料ブログはココログ