« 金釣瓶城跡(兵庫県小野市) | トップページ | 小阪城跡(兵庫県篠山市) »

2008年10月13日 (月)

西古佐城跡(兵庫県篠山市)

兵庫県篠山市丹南町西古佐にあって国道176号「西古佐」の交差点真西に位置する山(標高320m前後)の山上が城跡、城史としての詳細は不明

城跡へはローソンがある「西古佐」の交差点から数10m北にある新設された広い道路を左折するとすぐに天理教の分教会が目に留まる、その脇から南側に向いて畑に向う細い道があるので道に任せて進むと最奥に大きな作業所がありその脇にある山道を利用して尾根に取り付く。(山道は途中から踏み跡も消える)後は山上へと常に上る方向で進めば最初の尾根上に40~50mはありそうな削平跡の窺われる郭跡に出くわし、更に上るとスタート地点である分教会より所要時間20分程度で山上郭群には辿り着ける。

現状(10月)山上郭は相当荒れ放題となってはいるが案外樹木も少なく見通しも効く為に縄張り全体像は摑み易く、技巧的な遺構が少ない分ほぼ遺構は判別確認可能な状態にある。遺構として郭跡、切岸、土塁、埋もれてはいるが堀切跡などを確認する事が出来るが、規模は予想していたよりも大きく主郭から東側へ更に規模の大きな郭跡が付随している。勝手に簡易的に築かれた山城を想像していたが削平跡及び切岸も明確に窺え本格的に築かれた城跡の様には見受けられる、真東に向う尾根上は未踏になったが郭跡が展開されていたのかも知れない。

1route1 登城ルート

3n 城跡概念図

4 登山進入路

7_tyuufuku_kaku_1 北東中腹の郭跡

9_higasi_kaku_2 東郭

12_shukaku_minami 南郭より主郭土塁

16_shukaku_heki 主郭切岸斜面

19_kita_hasi_heki_1 主郭北側切岸

城跡は地元の方に訪ねても全く知らない様子でもあり、城跡の情報も皆無で場所の特定にも至らずにスタートした事もあって何時もの様に地形図頼みで登山するしか手が無かったが何とか無事に辿り着く事が出来た。、城跡全体を考えれば縄張り妙味も無くとても見応えがあるとは言えないが、最初からほとんど期待をしていなかった城跡でもあり、これだけの遺構に巡り合えた事で非常に満足感に浸る事は出来た。

下山に関しては麓までは多くの枝尾根が広がっており元のルートで引き返す事は至難の技で流石にスタート地点である分教会に素直には辿り着けなかったが、結果的には最短距離で麓東南側にある墓地から道路に降り立つ事が出来た。幸運にもそこは最初に取り付き地点として考えていた場所の一つでもあり車まで引き返すに容易でもあり一安心に至る

« 金釣瓶城跡(兵庫県小野市) | トップページ | 小阪城跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24223976

この記事へのトラックバック一覧です: 西古佐城跡(兵庫県篠山市):

« 金釣瓶城跡(兵庫県小野市) | トップページ | 小阪城跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ