« 淀山城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 南山城跡(兵庫県篠山市) »

2008年9月14日 (日)

東山城跡(兵庫県篠山市)

兵庫県篠山市辻にあって本城にあたる淀山城跡からは国道を隔てた反対側の南東側に位置し小高い山の山上部が城跡になる、波多野氏(八上城主)の重臣である波々伯部氏一族の支城と見受けられる城跡であるが詳細は不明

城跡へは淀山城から真反対の道を南に向いて辻集落へ入り道に任せて川沿いの細い道に進入する(ルート図参照)。川沿い最奥にある民家を通り過ぎればどの地点からでも左手斜面に取り付ける(ただし獣避けフェンスは越える)のでそこからは急斜面を直登するしか手はない。個人的には東側の畑地まで行きそこから強引にフェンスを越え急斜面を上ったが比高70m程度なので20分もあれば山上までは辿り着ける。

現状(12月)城跡は多少藪化はしているが冬季ともあって葉が生い茂っていない分動き回り易く遺構は全て判別確認できる状態である。こちらも本城と同様に縄張りは非常にシンプルで高さのある切岸と堀切、数段にも及ぶ段郭群が山城らしさを充分醸し出している。見応えからすると淀山本城より数段こちらの方が勝り主郭の規模は相当大きく城域もかなり広い、国道に至るまでの尾根上にも数箇所に渡って郭跡(平坦な削平地)が見て取れた。ただ現在の状態から城跡を察すれば夏季においては相当郭内に葉も生い茂り、快適な山城探索とは行かないかもしれない。訪城するにはやはり冬季限定と言ったところか、、、、

尚、下山の際には必ず南郭から真南に下りてもう一度フェンス(恐らく開閉場所は登山開始地点の一箇所しか無い)を越えて元の川沿いの道に戻るか、北郭より尾根に任せて小規模な砦跡を確認しながら国道まで抜けて行く(距離はある)かどちらかの選択が必要となる。意外に満足感に浸れた城跡であるが、この分なら次の訪問予定地である南山城跡(西向いにある山城)が楽しみになってくる

1route_6  登城ルート

3h 城跡概念図

19_minami_dankaku3 南段郭群

28_shukaku_nisi_gawa_dorui 主郭西の土塁

40_gedan_sita_horikiri_1 北側の堀切

47_gedankaku_sekiretu 東郭内の石列

48_yaguradai_dorui 東郭櫓台土塁

50_higasi_horikiri 東堀切

53_sizenkaku_higasi_horikiri_dobasi 東端の堀切土橋

« 淀山城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 南山城跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23463086

この記事へのトラックバック一覧です: 東山城跡(兵庫県篠山市):

« 淀山城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 南山城跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ