« 細工所城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 矢代城居館跡(兵庫県篠山市) »

2008年9月 9日 (火)

東鴨野城跡(兵庫県丹波市)

兵庫県丹波市柏原町東鴨野にあって高見山城塞群の関連城なのかどうかは分からないが高見山から北東に広がる尾根の先端部にある城跡、城史に関しての詳細は不明

城跡へは国道176号から一般道290号に入り新井小学校を目指して進む、学校の裏(南)側が城跡にあたるので一旦西側の墓地に車は置き、運動場の端を通らせてもらい背後の学習用に作られた畑を越える。既に城域と見受けられ段郭の構成が見て取れるが、この東奥に堀切を挟んで本命である郭群(屋敷跡)が形成されている。この城跡の最大の見所は屋敷跡群の背後を守備する空堀と土塁及び郭切岸で状態が良いせいか余計凄いものに見えてくる、中でも中央に位置する櫓台土塁は高い切岸を伴っており相当な見応えがあると同時に司令塔の様にも見えるものである。この中央櫓台下には規模の大きい居館跡と呼ぶに相応しい郭跡が広がっており、このすぐ東側の丘陵には東出郭と呼ぶべき物見の機能が窺える郭跡がある。ここから反対南側斜面を登り切ると山上郭と呼べる削平地が山上に配されており、屋敷、砦、山上郭と三位一体となった城跡であるように感じられる。

現状(11月)相当下草も雑木も蔓延っており、ほぼ外見から郭形状などは判断出来るものの一部の竹林雑木藪地は視認も出来ないほどの状態である、見所である空堀、土塁などは判別確認が容易となっているので救いはあるが、、、尚出発地点である墓地から南側へ向かって登ると尾根を分断する堀切を通りそこから西に上れば東屋のある高見城出郭へ到達出来、南へ下ると麓三宝寺まで辿り着ける。個人的には丁度尾根先端部分の城跡周りを東西南北一周した感じになる。

65d 登城ルート

6s 北より遠望

3hig 城跡概念図

9_dorui_yaguradai 西端の櫓台土塁

16_shukaku_daidorui 中央櫓台の土塁背後空堀見所

18_dorui_karabori_1 空堀と土塁見所

23_gedan_yakata_ato 櫓台下の城中最大規模の郭跡

27_yakata_yori_higasi_dankaku 屋敷段郭群

43_higasi_hasi_kaku_2 東出郭

47_sanjyou_kaku 山上郭

« 細工所城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 矢代城居館跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23442504

この記事へのトラックバック一覧です: 東鴨野城跡(兵庫県丹波市):

« 細工所城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 矢代城居館跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ