« 下滝野城跡(三重県松阪市) | トップページ | 本庄丸山城跡(兵庫県三田市) »

2008年9月15日 (月)

中森氏城跡(三重県津市)

三重県津市美杉町太郎生にあって国道368号沿いにある小学校からは西側にある丘陵上が城跡、中森氏代々の居城と聞くが詳細は不明。

城跡へは国道368号を北上した場合太郎生郵便局を過ぎすぐ西(左折)の細い道路へ進入、後は概念図にある最短ルートを参照すれば難なく辿り着ける。

1route

登城ルート

3 城跡概念図

4 南から城跡遠望

城跡は国人あるいは土豪クラスのものの様には思われず規模も大きく豊富な土木量を持って築城に携わったと見受けられる。主要三郭を直線的に配置した単純な縄張り構成ではあるが壁の様に立ちはだかる土塁には圧倒的迫力がある。特に北側から仰ぎ見る北郭の土塁虎口は周囲に木々の少ない事からも麓から鋭角にせり上がって来る切岸が鮮明に見て取れる状態で更に迫力に拍車をかけている。現状(四月)郭全体を通して下草の多さは仕方が無いが木々も少なく見通しも良いので遺構の判別確認は容易であり、残存状態も自然風化が激しいにも拘らずかなり良い部類に入る。伊賀地方にあると言う事で方形館跡程度を予想して臨んだのだが予想を遥かに覆され大変満足のいく訪城となった。

道路から5分もあればこれだけの遺構群を拝む事が出来るのだから、お手軽で尚且つ満足感にも浸れる申し分のない城跡と言える。

17_shukaku_dorui_dou 主郭へ土塁道

20_shukaku_nai_2_2  主郭

22_shukaku_nisi_karabori 主郭西空堀土塁

31_kitakaku_nisi_dorui_1 北郭西側の土塁

33_kita_dorui_koguti 北郭土塁虎口

36_kita_e 北側の細尾根

« 下滝野城跡(三重県松阪市) | トップページ | 本庄丸山城跡(兵庫県三田市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23082536

この記事へのトラックバック一覧です: 中森氏城跡(三重県津市):

« 下滝野城跡(三重県松阪市) | トップページ | 本庄丸山城跡(兵庫県三田市) »

無料ブログはココログ