« 高見山城塞群-3(兵庫県丹波市) | トップページ | 中江城跡(京都府京北町) »

2008年9月 3日 (水)

毘沙門城跡(兵庫県三木市)

兵庫県三木市吉川町毘沙門にあって観喜院聖天堂の背後の東西に延びる丘陵上(赤松山)が城跡、国人藤田氏の本城と伝わるが詳細は不明

城跡へは県道17号線を利用し集落北東側の丘陵地の中腹にある観喜院聖天堂を目指せば辿り着け、駐車場の北奥からそのまま斜面に取り付き直登すればすぐに空堀を伴う土塁が現れる。ここは既に城域となる南西側の自然地形に近い郭跡で更に北西側に足を向けると堀切を経て三の丸と呼べる規模の大きい郭跡に辿り着ける。更に北西側には城跡を二分する堀切が設けられており、これを挟んで高低差は余り無いが主郭へと向かえる。

現状十二月でありながら郭跡はほぼ全域に渡って雑木か竹藪で隙間無く覆われており、場所によっては視認も困難で身動きも取れない状態にある。それでも隙間を縫いながら郭跡を確認しつつ西端の民家の見える墓地までは辿り着く事が出来、大雑把ではあるがほぼ縄張りの全体像は把握する事が出来た。しかし郭跡の内部深くまでは進入することが出来ない為、土塁あるいは虎口などの遺構確認までは至れなかったのが少し残念であり心残りでもある。

この城跡の最大の見所を挙げるとすれば高低差のある郭切岸で、北側は特に数10m以上はあろうかと思える切り立つ崖状の切岸となっており相当見応えのあるものとなっている。縄張りプランから考えても南側に家臣団の屋敷跡を麓まで連ねていたと思えるのでので当然手薄になる北側はこの様な切り立つ切岸で防備していたものと見受けられる。西端にある民家より南西側は進入することは出来なかったが、察する処西出郭の構えをしており現状農作地になっている地帯は西砦跡と呼ぶに相応しい佇まいをしている。

1_3

登城ルート

4_enbou 西より遠望

3z 城跡概念図

15_karabori_ato 東山上の空堀土塁

38_shukaku_nai_2 主郭

26_3maru_oku_dorui 三の丸

40_shukaku_gedan2 主郭西郭2

46_dorui 土塁道

« 高見山城塞群-3(兵庫県丹波市) | トップページ | 中江城跡(京都府京北町) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23392501

この記事へのトラックバック一覧です: 毘沙門城跡(兵庫県三木市):

« 高見山城塞群-3(兵庫県丹波市) | トップページ | 中江城跡(京都府京北町) »

無料ブログはココログ