« 加陽城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 芦田城跡(兵庫県丹波市) »

2008年9月20日 (土)

坂本城跡(兵庫県養父市)

new (9/11訪問) 兵庫県養父市八鹿町坂本にあって先に訪問リポートした朝倉向山城跡からは円山川沿いの北東4km地点に位置する独立した山塊の山上が城跡、この城跡も恐らく秀吉による但馬攻略軍の前に屈し落城したと思われるが詳細は不明

城跡へは国道312号より北上した場合朝倉向山城跡の登山口にあたる宮越の信号を通り過ぎて「上小田北」の信号を右折、橋を渡った辺りですぐ左手遠方に見えてくる山が城跡にあたる。後はルート図の如く神社を目指し到着後その背後から尾根斜面に取り付きそのまま山上に向かって上れば15分足らずで辿り着ける。

山上郭群は九月にも拘らず下草も木々も比較的少なく城跡遺構のほぼ全て判別確認可能となっており、郭群が直線的に繋がっただけのシンプルな縄張りとなっている。残存状態は極めて良く二の丸北壁の切岸などは素晴らしい状態で自然保持されており、山上中央に備わる三重堀切などは土塁も高く残り当時に思いを馳せる事が簡単に出来る最大の見所遺構ともなっている。城跡全体を考えれば山上郭群の全長は100m近くあり規模は比較的大きい部類の山城と言えよう。

1route 登城ルート

4_1 城跡遠望

3sak 城跡概念図

13 二の丸土塁壇

13_2maru_kita_heki 美しい二の丸北切岸見所

15_shukaku_heki_1 二の丸より主郭壁

16_shukaku_1 主郭

18_3jyuu_horikiri_5 19_3jyuu_hori 18_3jyuu_horikiri_1 三重堀切最大見所

但馬地方でも特に豊岡日高周辺に関しては城跡が数多く集中存在しているにも拘らず情報資料が乏しい為に今回も地形図頼みで事前シュミレイション通りの直登となったが案外別の方角からの山道があったのかも知れない、結果的には神社背後が少し藪漕ぎ程度の事で最短距離では到達出来たので結果オーライとは言えるが、、現状九月でこの状態であればこれから秋冬にかけては更に状況も良くなり何時でも訪問可能な城跡だと思えてくる。

« 加陽城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 芦田城跡(兵庫県丹波市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23803521

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本城跡(兵庫県養父市):

« 加陽城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 芦田城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ