« 西谷城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 但馬高屋城跡(兵庫県豊岡市) »

2008年9月27日 (土)

宿南城跡(兵庫県養父市)

兵庫県養父市八鹿町宿南(シュクナミ)にあって集落より南側に位置する山の山上尾根部が城跡、宿南氏の居城であるが秀吉による但馬攻略軍の前に全員討ち死に落城の歴史あり

城跡へは国道312号よりルート図の如く線路を越えて集落に進入する、宿南小学校横を流れる川沿いの道路を南に向かい数m行くと東側に地元の方の運営による「宿南ふれあい倶楽部」があるのでここに車を駐車させてもらい登山する事になる。城跡への登山道は数箇所あると聞くが案内板もなく地元の方に道順を尋ねるのが一番手っ取り早い思い、「ふれあい倶楽部」に居られた方に道を尋ねると城跡を良く御存知の年配の方が山上までの案内を買って出られたので好意には素直に甘んじる事にした。お陰で民家背後の竹林地から枝尾根をそのまま上り20分内で山上主郭までは辿り着けたが、このルートは最短ながら進入口が分かり辛いので必ず地元の方に上る際には訪ねたほうが良さそうである。

現状(五月)城跡は倒木も多く雑木が全域に渡り生い茂っており視認し難く、郭跡は確認出来るが形状及び土塁の有無までは判別も出来ない状態にある。規模も小さく主郭と見受けられる最高所は物見程度あるいは砦規模の大きさで、高い切岸が唯一山城らしさを醸し出している。主郭案内板にあった縄張り図にも見られる様に枝尾根には狭小郭群が数多く配されている様ではあるがこの状態では改めて見学するほどでも無さそうなので踏破は断念する、北西麓にある田中神社は当時の居館跡とも付記されてあったが立ち寄るまでには至れなかった。

砦規模で痩せ尾根を目一杯利用して削平し築かれた城跡は険峻な為か堀切も見受けられず古い形態を残しており、自然任せの完存とも思える遺構の残存するこの山城は醍醐味こそ無いが当時の雰囲気は充分味わう事の出来るものと思える。

1route 登城ルート

18_1z2

山上説明版の縄張り図

9_one_kaku 北尾根上の郭跡

9_one_kaku_1 北段郭群

11_1 北郭群

17_nagai_minamikaku_1 南郭

20_shukaku_heki_1 主郭切岸

18 主郭最高所

« 西谷城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 但馬高屋城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

takuさま
ここも訪問しました。事前に養父市から取り寄せた資料に載っていたので、いつか訪問したいと思っており、登城にあたってはHpを参考にさせて頂きました。いつもありがとうございます。

確かに登城口がきわめてわかりづらく適当に直登しようかと思っていたところ、偶々犬を連れて散歩していた地元の方がいて聞きました。この最近15年間登っていないがと断りながら丁寧に教えてくれ地元の触れ合い充分感じました。この方と出会わないと正規の登城口は絶対分からなかったと思います。

狭い尾根道を約15分。割と歩き易く、主郭は砦規模ですが、堀切、竪堀。珍しくこの地域にしては説明板あり感激。鎌倉時代に八木氏の家臣の宿南氏が築城とあり、歴史性も感じ気に入った城址です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23959041

この記事へのトラックバック一覧です: 宿南城跡(兵庫県養父市):

« 西谷城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 但馬高屋城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ