« 能勢三草山城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 西谷城跡(兵庫県篠山市) »

2008年9月25日 (木)

長野氏城跡(三重県津市)

三重県津市美里町桂畑にあって国道163号伊賀街道にある細野集落からは南に位置する険峻な山の山上が城跡、南北朝期の国人領主である長野氏の居城跡として国指定史跡に認定されている

城跡へは国道163号沿いにある美里農産物加工センターより数100m北西側より桂畑に向かう道路があるので、そこから集落内の細い道を通り桂畑川沿いの道路に出てそのままルート図の如く城跡を目指す。山上駐車場までは未舗装の悪路(二年前)で辿り着けるが車が大事であるなら程々の場所で降りて歩いた方が良さそうに思える道である。

現状(11月)城跡は整備されており木々も下草も少なく、山頂からの見通しも非常に良く郭群及び遺構は全て判別確認可能な状態にある。一番の見所は北側にある北郭を繋ぐ大土塁を伴う虎口跡で、分厚く高さもあり唯一見応えのある遺構となっている。

Nag 登城ルート

3_2 城跡概念図

5 駐車場から城跡上り口

11_shukaku_nai 主郭内

16_dorui_sita_yori 土塁虎口見所

17_dorui 虎口大土塁

18hokutou_kaku_isi 北郭壁の石垣跡

22_dobasi_isi 北土橋側壁の石垣跡

« 能勢三草山城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 西谷城跡(兵庫県篠山市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23955439

この記事へのトラックバック一覧です: 長野氏城跡(三重県津市):

« 能勢三草山城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 西谷城跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ