« 比丘尼城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 加陽城跡(兵庫県豊岡市) »

2008年9月19日 (金)

朝倉向山城跡(兵庫県養父市)

兵庫県養父市八鹿町八鹿にあって国道312号の「宮越」の信号より数m西側にある忠魂碑へ通じる上り道が進入路、城史に関しての詳細は不明

城跡へはこの忠魂碑の背後から踏み跡程度の山道が山上主郭まで通じているので迷わず20分程度で辿り着ける。

忠魂碑背後からのスタートとなるがここには遺構らしき深い空堀が土塁を伴って残存しておりこれから山上にかけて大きく期待を持たせてくれる、ここから山上までは痩せ尾根に無駄なく郭跡が形成されており山上までには郭跡あるいは堀切跡を確認しながら無駄なく登って行ける。結果的に主郭から西側尾根上までは踏破出来なかったがある程度郭の展開は予測されるものである。特別秀でた縄張りでもなく自然地形をそのまま利用し尾根を削平しただけに終わっている古い形態の城跡ではあるが、この険峻さはやはり本来の山城の持つイメージに近いものでもあり見応えは無いが充分山城跡として堪能出来るものと言える

現状(五月)城跡は藪化が進行中ではあるが移動及び遺構の判別確認に支障を来たす事もなく見て回る事が出来、快適とは言わないが山登りも同時に楽しむ事が出来る状態にある。

1route 登城ルート

3mu 城跡概念図

7 忠魂碑背後の凄い空堀見所

7_1 大土塁と空堀

25_2jyuu_hori_dobasi_1 二重堀切と土橋

29_gedan_yori_shukaku_heki 下段郭より主郭切岸

32_shukaku_yagura 主郭櫓台

37_nisi_kaku_1

西郭40_minami_kaku_e

南尾根郭

« 比丘尼城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 加陽城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23759994

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉向山城跡(兵庫県養父市):

« 比丘尼城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 加陽城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ