« 足見寺城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 長谷山城跡(兵庫県丹波市) »

2008年8月20日 (水)

天正寺城跡(神戸市北区)

神戸市北区淡河町本町にあって淡河城跡からは山陽自動車道を隔てたほぼ真北の山の山上に位置する城跡、有馬氏の居城と伝わるが三木合戦においての秀吉側の淡河城に対しての向城と聞く。

城跡へは淡河城跡の見える県道38号淡河本町交差点を西に過ぎた後144号を北に進行し道に任せて自動車道の高架下まで走る、潜るとすぐ右折(東側)した池のある場所から東に聳える山が城跡になる。池の東端道路沿いにコンクリの石段があるのでこれを登り北にそのまま山道を向かうとゴルフ場の池まで到達出来る、その手前(堀切)を東に向いて登ると社殿の建つ主郭まで20分程度で辿り着ける。

10月の訪問であるが藪化も相当進行中で主郭周りだけでも確認出来ればと思い多少の藪漕ぎ覚悟で臨む、社殿の建つ主郭の一部だけが整備されていたが他はどの郭跡も雑木に覆い尽くされている状態である、何とか木々の間を縫って移動は出来るので二重堀切、土橋、空堀(溜め井戸か)遺構の判別確認はすることが出来たが、動き回れて視認できる範囲が限られる現状ではここまで確認するのが精一杯であった。真冬の訪城ともなれば少しは確認も容易になるかも知れないが、、、

1z 登城ルート

3te2 城跡概念図

4 南より城跡遠望

9_dorui_koguti 西側の土塁虎口?

25_mizunote_ato_1 空堀(溜め井戸か)

31_horikiri_dobasi 主郭西下段の土塁虎口及び堀切土橋

35_gedan1_1 主郭西側の切岸

38_shukaku_atago_yasiro 主郭

26_ooiwa_horikiri_1 主郭北の堀切

« 足見寺城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 長谷山城跡(兵庫県丹波市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23045569

この記事へのトラックバック一覧です: 天正寺城跡(神戸市北区):

« 足見寺城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 長谷山城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ