« 滝ヶ嶺城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 御影山城跡(京都府亀岡市) »

2008年8月 3日 (日)

篠尾向段城跡(京都府福知山市)

京都府福知山市篠尾にあって円応寺の西背後の丘陵上に城跡はある、現状詳細は不明。 

城跡の道順に関しては福知山市内の国道9号から西側に入ればいいのだが一旦入ったとしてもストレートに広い道で行ける訳では無くゴチャゴチャと住宅地の密集する中の狭い道路を行ったり来たりした記憶しか残っていない、未だにルートが自分でも分からず今言えるのはとにかく円応寺か熊野神社を目指せば何とか到達出来ると言うことだけである。熊野神社からは北脇の道路より西側山に向いて進入した場合、基本的にはどの地点でも北側に取り付いて少し登る程度で郭跡には辿り着ける。他にも北側にある民家の背後から即進入出来そうであったが流石に遠慮して少し遠回りにはなるが西側の深い堀切跡(自然地形か?)から登っていった。Sin

登城ルート

3isi2 城跡概念図

城跡は熊野神社前の道路に平行する形で北東に向いて直線的に郭を配置し、それほど高低差の無い郭を堀切で分断した縄張りである。この堀切遺構は当時より相当堆積物で埋もれているとは思われるが郭面積が狭い分連続している様にも見え中々見応えのあるものである。現状城跡はほぼ自然任せの雑木竹林地と化しており部分的には移動も視認も難渋するが遺構自身は明確に判別出来る状態にはあり、切岸なども長年の風化に拘らずしっかりした良い状態のものを拝む事が出来る。見所と言えば堀切はもちろんであるが南郭跡の中央に設けられた土橋(空堀は相当埋もれている)で、今もって鮮明な形で残存している。丘陵上にある為高さでの防備には限度があり堀切によって個々の郭を独立させて守備すると言った縄張りプランと見受けられる。

今回の訪問で残念であったのは主郭周りの郭跡は雑木と竹林のお陰で余りにも薄暗く半分程度の画像はブレており、数々の遺構も画像として多く残せ無かった事である。

14_horikiri_dobasi_1

南郭の堀切土橋見所

18_minami_daihorikiri 堀切

40_2jyuu_horikiri_shukakugawa 主郭北側の連続堀切

37_horikiri_1 堀切、切岸

31_kita_oohiroma 北郭群

« 滝ヶ嶺城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 御影山城跡(京都府亀岡市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22737331

この記事へのトラックバック一覧です: 篠尾向段城跡(京都府福知山市):

« 滝ヶ嶺城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 御影山城跡(京都府亀岡市) »

無料ブログはココログ