« 宇津嶽山城(京都府京北町) | トップページ | 黒田城跡(京都府南丹市) »

2008年7月18日 (金)

上野城跡(京都府船井郡)

京都府船井郡京丹波町南上野にあり、形の良い美女山から繋がる枝尾根の末端北西麓丘陵地に位置する、館城の性格を持つと見受けられる城跡

須知氏の拠った城跡と聞いているがここより直線で数キロも離れていない須知城の支城と見受けられる。明智による丹波攻略の際は早くより織田方に組していたと見られる須知氏であるが故に、明智の改修した須知城とは立地状況が違うとは言え織豊系の縄張りを色濃く残す城跡となっている。特に居館跡などの虎口を形成する分厚い大土塁、空堀の使い方及び連結する副郭の縄張りなどは同じ織豊系である近江の土山城跡と数々の類似点が見受けられる。

現状居館跡と推察される郭跡の北西麓側は広大な荒れた造成地となり反対の南東側の山裾は住宅地及び水田地に転用されており、どこまでの地形改変があったのかは推察するしかないが、取りあえず心臓部である主郭から現状の最高所である物見までが良い状態を保持しているので見る者にとっては非常に有難いと言える。

主郭と副郭を形成する大土塁と虎口及び空堀はこの城跡の白眉と言っても言い過ぎでは無いものである。

付近にお住まいの方に聞いた話ではこの近くには須知氏を名乗る子孫の方が未だに在住しておられるそうです。

Ue

登城ルート

3ue2

城跡概念図

3ue2l コメント

5_toride_e

南東側の最高所、進入路

8_koguti_kubomi_2

道路沿いから入ったすぐの郭跡

15

須知氏墓地手前の土塁

19_daihorikiri

高低差のある大堀切

19_dorui_koguti_yakata_e

主郭土塁虎口と大堀切

26_tani_yori_daihorikiri

西側谷から見た堀切

23_karabori

主郭と副郭間の空堀

« 宇津嶽山城(京都府京北町) | トップページ | 黒田城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22384345

この記事へのトラックバック一覧です: 上野城跡(京都府船井郡):

« 宇津嶽山城(京都府京北町) | トップページ | 黒田城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ