« 須知城跡(京都府京丹波町) | トップページ | 刑部城跡(京都府南丹市) »

2008年7月31日 (木)

宇津城跡(京都府京北下宇津町)

京都府京北下宇津町にあって宇津峡公園の川を隔てた対岸に位置する山城

城史から見れば代々宇津氏の居城であるが明智の丹波攻略により最後まで抵抗し滅亡、現在の城跡はその後当然明智による改修が施されていると思われ随所に石垣跡を眼にする事が出来る。1z

登城ルート

城跡へは黄徳寺から宇津峡公園を目指し町道364号に入りそのまま直進した道路沿いにある赤い鳥居の八幡神社が目印、その北背後の山上が城跡で登山道は設置されていない。社殿背後より直登で山上を目指し崖状急斜面を上るしか手立ては無いのが現状であり、縦堀と見受けられる遺構に沿って登り切ると20分内で辿り着ける。ただこの縦堀遺構は後世の木材切り出し道の可能性もあり、縄張りから察しても縦堀としての機能が余り発揮されていない場所に設けられているので遺構の断定はし難い。

縄張りは非常にシンプルでほぼ四郭で形成されており技巧さを伴う遺構は見当たらない、その分三方は崖に近い急斜面で唯一土橋状の細い尾根道が北側に向いて通路となっているが現状ではどこが大手に当たるのかさっぱり見当が付かない。郭間の切岸は高低差があり郭外壁の切岸は直立に近く下まで落ち込んでおり余計城跡の険峻さに拍車をかけている、まるで孤立した要塞の様にも見て取れる。見所でもある石垣跡が多く残存しているのは主郭の東壁で相当崩落はしているが数メートルに渡って残っており、往時を一番忍ばせている遺構となっている。3z

城跡概念図

規模はさほど大きくはないが険峻な山上にある事自体が相当な見応えを感じる城跡となっている。

八幡神社前の道路をそのまま西に向いて車を走らせると先に登城ルートを紹介した事のある支城と思える宇津嶽山城に向かう事が出来、効率よく二城を同時訪問する事が出来る。

8_minami_kaku_2 南郭

13_shukaku_e_koguti_dou 主郭南登り虎口

15_shukaku_nai_1 主郭

16_shukaku_nai_ido_ato 溜め井戸跡に見える

20_1 主郭東壁の石垣跡見所

23_kitakaku1_heki 北郭1の切岸

25_kitakaku2_heki 北郭2の高い切岸見所

« 須知城跡(京都府京丹波町) | トップページ | 刑部城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22654418

この記事へのトラックバック一覧です: 宇津城跡(京都府京北下宇津町):

« 須知城跡(京都府京丹波町) | トップページ | 刑部城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ