« 中村城跡(京都美山町) | トップページ | 上野城跡(京都府船井郡) »

2008年7月17日 (木)

宇津嶽山城(京都府京北町)

京都府京北町嶽山の宇津嶽山頂525mに主郭を置く宇都(宇津)氏の山城

城跡は宇津城から西に向いて車を走らせ集落の西端辺りから遠く西彼方に見える山頂の位置を確認する、この位置からはまだまだ相当遠くに感じられ今から臨む事になる険峻な山塊を見ると少したじろいでしまいそうになる。車では相当近い地点まで行けると思えるが今回は途中崖崩れとなっており、車を置いて地形図を確認しながら最短距離の直登山ルートを選択した、自分で選んだとは言え40度近い斜面との格闘は30分を要した。 

一時間に感じらる登山の末山頂主郭に辿り着いたが、待っていたのは鋭角なまでの切岸と削平された郭跡、二重堀切と今までの疲れは一気に吹き飛んでしまった。主郭は全長10m程度、幅5~6mの小規模なもので、物見砦か狼煙台程度の役割しか果たさないものと思えるが見る者にとってはこの険峻な山上に築かれた事自体に大きなロマンを感じてしまう。痩せ尾根を分断する二重堀切及び西端の大堀切も埋もれかけてはいるが樹木に邪魔されず全体像が把握出来る状態にあり、城跡の素晴らしさに一層拍車をかけている。

城跡とするには規模は小さすぎる様に感じられるが、本格的に山を削り出して造られた様は正しく城跡と言うに相応しいのかも知れない。

下山は直登急斜面を逆に下りたが途中より屏風の様に切り立つ長く細い尾根が気になり出し、そちらを通りながらこれも削り出された防塁の一つかなと、気にしながら山を下った。結果的には尾根から南に向いて下りた辺りに小さな用具小屋があり急な山道を下りれば本来の車道に繋がる事が分かった。

今回の訪城では相当な体力を使う羽目になったが、その分半端では無い達成感と満足感を味わう事が出来た。30_utudake

一際高い山が宇津嶽山城

1_3d

登城ルート

3d

城跡概念図

13_sanjyou_kitakaku_1

北郭

14_shukaku

主郭

20_2jyuu_horikiri_2

主郭側から二重堀切

23_dai_horikiri

南西大堀切

24_daihorikiri_yori_shukaku_gawa

大堀切より主郭側

6

用具小屋下山道

« 中村城跡(京都美山町) | トップページ | 上野城跡(京都府船井郡) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

この宇津嶽山城、訪ねてみたい山城でした。

宇津城が思っていたよりも良かったので、ご紹介の宇津嶽山城は、ず~っと訪ねてみたい山城でした。

もっとも、宇津城は後に明智の手が入っているとのことなので、見応えがあったのだとも思います。
 光秀が、井戸掘の人夫を要請している古記録があるのですが、山上の城では無く、今の神社辺りの居館でのことでしょうね。

宇津嶽山城は、山歩きの方の記事しか見あたらなくて??の状態でした。
規模は大きくなさそうですが、ほんとに高い地に築いたものですね。

機会があれば、訪城してみたいのですが、急傾斜面を30分は躊躇してしまいます。

南から小屋を目指した方が、少しでも楽なのかなぁとも考えています。それでも、結構きつそうですが。

北に人尾峠があるので、旧道が通っていたのだと思いますが、この峠からでも登れるのでしょうか?。もっとも、現状でこの旧道が道の体を成しているのかは不明ですが・・。

9日の土曜日に、美山町の島城に登る予定なので、今から中村城の記事を読みます。


TAKUです、コメントご拝見いたしました。
宇津嶽山城は私も最初は北側の峠から尾根沿いに上るルートを考えて向いましたが、途中から山道は途絶え方角も分かり辛くなる事から一旦戻り、事前に用意しておいた方角の分かり易い険しい想定ルートからの直登となりました。結果的には写真にある下山時に利用した東尾根沿いより小屋経由で林道に下りた、赤線で記した逆のルートを上られた方が分かり易く、更に距離も時間も最短で到達出来るものと思われます。当時は崖崩れの為に不通となっていた林道も恐らく現在では利用出来るものと思いますので、林道に路駐のつもりで細い沢水の流れる谷沿いを目指して、急斜山道の目に留まる付近までは車で直接向われた方が、体力も余り使わずに上れるのではないかと後になって思うのです。
島城に関しては麓に案内板もあり登山遊歩道で快適に上れます、中村城は西斜面側であればどこから取り付いても藪漕ぎ覚悟であれば可能と思われますが、北側の神社跡地手前辺りから取り付いて上るのが藪漕ぎも少なく、北郭には一番早く到達出来そうに思われます。
これからの山城巡りは益々緑も多くなり登山道のない山城においては自ずと藪漕ぎが増す事も予想されます、多くの場数を踏まれておられる山城氏に対しての気使いは少し失礼かとは存じますが、どうぞ直登道中足元には充分お気をつけて赴かれて下さい。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22368296

この記事へのトラックバック一覧です: 宇津嶽山城(京都府京北町):

« 中村城跡(京都美山町) | トップページ | 上野城跡(京都府船井郡) »

無料ブログはココログ