« 池辺城、観音寺南城跡(京都府福知山市) | トップページ | 田原城跡(京都府南丹市) »

2008年7月15日 (火)

一尾城跡(京都府綾部市)

京都府綾部市栗町上村にあり、位田城跡からは西に数キロも離れていない位置にある別名栗城とも呼ばれる山城である。

この周辺一帯は明智軍の丹波攻略までは大槻氏が所領となっていたらしく綾部には大槻氏の城跡が数多く点在している、特徴としてどの城跡も主郭となるべき郭は規模が大きく山城にありがちなちまちまとした狭小な郭空間は少なく、大きな土木量を持って削り出し築かれたものが多い。もちろんこの城跡もその中のひとつで東西に渡る尾根上に隙間無く高い切岸を伴って郭は並べられており見応えは相当なものである。ただ主郭を除いた地域は雑木藪に覆われているのが非常に残念である。

6_nisi_tozanguti 城跡西端に位置する稲荷社からの登山口

Zm

登城ルート

Za

城跡概念図

11_nisi_horikiri_dobasi

西側尾根を分断する土橋付き大堀切

23_shukaku

大規模な主郭(ここだけ木々が少ない)

34_oote_karabori_doruidou

大手道と見受けられる深い空堀道 見応え有

36_koguti_nisi_tatebori

大手虎口辺りの山上に向かう縦堀

« 池辺城、観音寺南城跡(京都府福知山市) | トップページ | 田原城跡(京都府南丹市) »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん

はじめまして、大槻と申します。
色々先祖の事を調べていて、このサイトを知りました。
そこで、もし良ければ教えて頂きたいのですが、大槻氏の山城をどのような資料を基に調べられたのですか?
何卒宜しくお願い致します。

TAKUです、コメントご拝見しました。
質問に対してのご返答なのですが、私自身は数十年前から色々発刊されていて、好きで購入していた歴史雑誌の切り抜き、あるいは自身で集めた色々な雑誌からのコピーなどを情報源として、全て間に合わせております。したがって特定の参考にしている文献がないのが現実でもあり、当ブログに城史などを掘り下げて掲載出来ないのもそう言った理由が多分に含まれます。特に歴史雑誌などから得た大槻氏に関しての記事は比較的多く、明智光秀関連の書物を読み漁れば必ず登場してくるはずです。ちなみに学研から出版されている「歴史群像」は、城跡ファンにとっては非常に役に立つ本だと思いますが、、。
私自身は僅かな記事一つでも無駄にしたくない性格から、今まで相当切り抜き資料を収集して来ましたが、そのお陰で現在非常に上手く活用出来ております、城郭ファンである多くの方々は「日本城郭体系」といった、現在では高価で購入の難しい文献などから情報を得られている様にも思われますが、私自身は高価な為に欲しくても手が出ないのが現実です。
具体的に言えば大槻氏の城跡に限らず、氏を特定した城跡の文献を探すのは相当困難とも思えますので、日頃からのこまめな切抜きと情報整理が一番大切な事かも分かりません。大槻氏自体を捉えれば戦国武将としてはマイナーである為に、専門的な書物がある様にはとても思えません、案外ネットで直接検索するのが一番手っ取り早い方法かもしれませんね。

先週土曜日は綾部市付近の山城を訪問しました。
いつものようにtakuさんのHPを参考にさせて頂きました。いつも正確な情報深謝します。
綾部市は2年ぶりでした。

暗い内から家を出て、登城目標の高台寺まで1時間50分。早朝の寺から見える朝日はいつ見ても美しいと思いました。

屋敷跡を経て深い大堀切道を左に見てやや荒れた道なき道を約10分登ると主郭。主郭は規模大きく、段郭、薄ら土塁、切岸等楽しめ、大槻氏の財力は相当あったと思われました。藪化が進んでおり保存が望まれますが、それはそれで致し方ないかもしれません。。

他にも回ったのですが、比較的登城の距離も短く、得意の激斜面も少なく、また比較的保存状況もよく、綾部市の山城は歴史ロマンに浸れると思いました。

ヒデさん、ついにこの藪城にチャレンジされましたか、とは言っても私が訪れたのは七年前に遡るのですが、コメント内容から察する限り、多少ましな状態になっていたのかもしれませんね、、
綾部の山城は植林地政策が採られていなかったせいなのかも分かりませんが、特に藪化が激しいものが多く、中々踏破するに厳しい山城が多いように感じられます。自身は綾部に存在する主要な山城はほとんど押さえた事もあって、後は小さな砦程度の山城を残すのみとなってしまいましたが、、、
中々再訪する勇気が湧いてこないのが現状といったところでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一尾城跡(京都府綾部市):

« 池辺城、観音寺南城跡(京都府福知山市) | トップページ | 田原城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ