« 中村城跡(京都府福知山市) | トップページ | 中村城跡(京都美山町) »

2008年7月16日 (水)

甲ヶ岳城(京都府綾部市)

京都府綾部市大島町にあって一際高く聳える形の良い山塊の山頂から尾根にかけての部分が城跡である

この城跡は丹波八木城の内藤氏の前線基地に当たるらしく規模も相当大きく綾部三大山城のひとつであると言った事が案内には書き込まれている。登山口は数箇所あるらしいが城跡から見て北麓の中筋小学校の西側にあるゲートボール場脇からのルートが比較的分かり易いのではないかと思われる。特別高い山ではないが麓から眺めると独立峯に見える為一層高く見え距離も相当遠いものに感じてしまう。

現状城跡は時期も悪かったと見えて夏草と雑木で覆われており小社のある主郭と登山道周辺を除いては視認はもちろんの事、郭内移動も相当し辛いものとなっている。山上主郭までの幾つかの削平された郭跡は確認する事が出来たが、主郭から派生する枝尾根上の郭跡までの踏破は断念したので城跡全体像まで摑むことは出来なかった。

結果的には主郭に到達するまでの堀切とその東側に位置する片側に空堀を伴った土塁及び土橋が郭跡を除いた遺構としての成果と言えるものになった。

片道40分ほどの道程ではあるが真夏の湿度の高い登山道の上りは相当きついものがある。

4

城跡遠望

1route_4

登城ルート

3_1

城跡概念図

2a

登山口案内板

18_horikiri_dorui_dobasi

片堀切と土橋、土塁虎口

20_horikiri

堀切

22_kita_yori_dorui_1

土塁虎口

24_honmaru_daihorikiri_1

主郭側の堀切

29_shukaku_nai_2

主郭

« 中村城跡(京都府福知山市) | トップページ | 中村城跡(京都美山町) »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

takuさま
綾部訪問ついでにこのお城も訪問しました。
珍しく登城口に説明版及び歩きやすい遊歩道あり、楽しめました。
綾部3大山城の一つという事ですが、あと2つは八幡山城址(訪問済)と高城山(未訪なので、そのうち訪問したい!)でしょうか。

築城歴史はたった15年との事ですが、歴史ロマンを感じました。
ついでにその支城的な存在である、野山城址、茶薄山城址も訪問しました。野山城址の畝状空堀は見ごたえありました。茶薄山城址は私が訪れたときも奥はすごい藪でした。それでも無理して突っ込んだのですが、ズボン、タイツを突き抜け、トゲトゲの枝で痣多数、額にも切り傷多数で、名誉の負傷を心地よく味わっております。

これらもまとめると大変広い城郭と思われ、かなりの満足です。ありがとうございます。

この山城は確かな登山道でトレッキング気分で上れ、造成整地された主郭はともかくとして、当時は相当な藪城であったものと記憶しております。恐らくこれからも良いほうには改善され難いと思いますが、より規模の小さい、野山城の空堀群の見応えの方が勝っていたとは、、、遺構見学は城跡の規模には決して比例しないようですね。
茶薄山城は訪れた当時でも全域踏破できないほどの藪で覆われていたと記憶していますが、現在でも相変わらずのようですね、、、、
こちらは未踏の箇所は想像に委ねられるのですが、縄張り妙味も含めて期待はし難い山城とみました。既に調査済みの城跡であれば、縄張りなどは明らかにされているはずなのですが、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲ヶ岳城(京都府綾部市):

« 中村城跡(京都府福知山市) | トップページ | 中村城跡(京都美山町) »

無料ブログはココログ