« 東掛城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 高槻城跡(京都府綾部市) »

2008年7月23日 (水)

井尻城跡(京都府瑞穂町)

京都府瑞穂町井尻の集落西側の幾つか突き出た枝尾根の一角に城跡はある

城跡に関しての詳細は不明であるが集落に在住の方は城跡の存在は御存知らしく幼年期に遊んだ記憶から南尾根側に馬場跡の在る事まで教えて頂いた。流石に城跡の歴史までは及んでないが登山口まで丁寧に教えてもらったので難なく辿り着く事は出来た。

登城ルートは井尻公民館よりスタートした場合西側の橋を渡った所で北西側に聳える山を目指し集落に入り細い道路沿いに北に向いて進み、道路沿いの一本杉を確認出来ればその脇から山上までは山道が通じているので迷わず到達出来る。

現状城跡は藪化進行中ではあるが郭跡から堀切、土塁に至るまで明確に判別出来る状態にある、規模も思っていたより大きく主郭、副郭、山上郭のほぼ三郭で形成されているもので郭間は堀切で分断され独立性を保持した構造になっている。山上にも形の良いままの櫓台と見受けられる土塁も残存しており全体を通して小領地における戦国時代の城跡を体感する事が出来る。

見所を一つ挙げるとすると主郭と副郭間の堀切で高低差も6~7mはあり中々の迫力で迫ってくる、住民の方に教えて頂いた別尾根にある馬場跡までは足を踏み入れていないが外見から覗く事は出来た。シンプルな分残存度は非常に高い城跡と言える

1route3

登城ルート

4_2

城跡遠望、登山口

3iz

城跡概念図

13_higasi_kaku_2

副郭

18_dai_horikiri_1

堀切

31_karabori

主郭北の空堀と土塁

34_nisi_sanjyou_yagura_1

山上櫓台土塁

« 東掛城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 高槻城跡(京都府綾部市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

いつも参考にさせて頂きありがとうございます。
このお城を2週間前の週末に訪れました。低山ながらそこそこの遺構残り感動。土塁も一部残っており、小領土に於ける戦国時代の想像を掻き立てられれました。takuさんのコメントと同様の感想でした。

TAKUです、コメント拝見させて頂きました。
私も偶然ではありますが、ヒデさんより一週間遅れの先週、井尻城真南側の尾根上に位置する井尻南城なる城跡を覗いたところでした。この城跡は井尻城掲載リポート中に、地元で紹介された馬場跡とされるもので、ルート図中にその場所は記しましたが、井尻(本)城より規模は随分劣るものの、山城とすれば状態も良く、決して地元に伝わる馬場跡の様には見えず、明瞭な切岸並びに土塁と堀切の拝める、それなりに見応えのある山城でした。この現況リポートは少し遅れますが、概念図と共に何れ掲載予定ですので、是非再訪される事をお薦めします。
更にその真南側尾根先端部にも、もう一城出城らしき城跡も存在します。これは状態は醜いものでしたが、同日訪問とすれば、より山城巡りも充実したものになるのではないでしょうか、、、
尚、橋爪城の西側尾根先端部にも、高土塁の施された館城があります、これも何れリポート掲載予定ですので、是非楽しみにして頂ければと思います。
これから多少寒さも和らぎ、更に積雪の心配もなく山城巡りが可能な快適なシーズンを迎えますが、まだ見ぬ城跡への期待もさることながら、堀切、切岸の醍醐味も存分に味わって頂きたいと思います。

TAKUさま
コメント深謝します。楽しみにしております。
いつも参考にさせて頂き大変助かっております。
TAKUさんの掲載の山城は根性が必要な山城多いですが、励みになります。私はその通りに登城すればなんとかなるのですが、先人を切って道なき道を果敢に挑戦されるのは驚異です。おっしゃる通り、積雪もなく、蜘蛛の巣もなく、温度も暑くもなく5月ぐらいまでは最適な季節になりました。これからも気を付けてご活躍を祈念しております。昨日は私は掲載の亀岡市の山城を訪れていたのですが、油断して
倒木の木を跨がずに足を乗せたら、つるっと滑って全身丸ごとこけてしまいました。私は脱臼の癖があるので、脱臼しなくてよかったです。
いつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22489366

この記事へのトラックバック一覧です: 井尻城跡(京都府瑞穂町):

« 東掛城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 高槻城跡(京都府綾部市) »

無料ブログはココログ