« 高槻城跡(京都府綾部市) | トップページ | 五合山城跡(京都府園部町) »

2008年7月24日 (木)

藁無城跡(京都府園部町)

京都府南丹市園部町船岡にある林松寺背後に聳える綺麗な形の山の山頂が城跡、難しい読み方ではあるがワラナシ城と読む

内藤氏の居城と伝わっている城跡ではあるが八木城主である内藤氏との関係まで調べるには至っていない、他の丹波の城と同様に平定される以前から戦乱の渦中にあったと思われるが平定後も詳細は不明。

城跡は船岡集落まで来ると小型の富士山の形をした山を探せばそこが城跡だとすぐ分かる、麓に当時の館跡と見受けられる林松寺があるが山頂に向かう登山道も無く、その脇にある神社背後から山上を目指して直登するしか手がない。神社から北西に向いて急斜面を登ると最短距離で時間にして20分弱で城跡の南端に辿り着く事が出来るが、すぐに南端郭跡の南外壁に石垣跡を確認出来る。外壁を石垣で覆っていたと見えて他は崩落しているが一部が顔を覗かせており郭跡と並んで当時を物語る遺構の一つとなっている。この遺構は直登で無ければ見逃している可能性もあり、結果的には藪漕ぎもありしんどいが最短の直登が幸いしたと言える。

縄張りは南最高所に小規模な櫓台程度の高まりがあり北側に段郭的に五段程度の郭が堀切まで連なっているもので小規模な詰城と言った処の山城である。自然岩も取り込んで郭壁を成しており崩落石垣も在る事から本来は外周相当な部分を石垣で覆っていた可能性があると思われる、石垣跡の事実からもこの城跡は丹波平定後も改修を受けて山城であるが故の街道監視的な役割を担っていたのではないかと勝手に想像推察してしまう。

現状季節的に秋口と言う事もあって雑木が生い茂っているが冬季の訪城であれば少しはましになり城跡探索もより楽しめるのではないかと思われる。雑木の中に僅かに顔を出す石垣跡ではあるが石垣城としてこの遺構は絶対に見逃してはならない!

2_1  城跡遠望

1route_2 登城ルート

1z 城跡概念図

5_minami_isi 南端壁石垣跡見所

7_shukaku_nai 主郭櫓台

9_2_3kaku_renketudorui 北郭3の連結土塁

9_3kaku_sita_isi 崩落石垣跡

10_3kaku_kubomi_dai

北郭3の大きな窪み

17_yakataato_isigaki 寺院の石垣

« 高槻城跡(京都府綾部市) | トップページ | 五合山城跡(京都府園部町) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22512174

この記事へのトラックバック一覧です: 藁無城跡(京都府園部町):

« 高槻城跡(京都府綾部市) | トップページ | 五合山城跡(京都府園部町) »

無料ブログはココログ