« 藁無城跡(京都府園部町) | トップページ | 犬飼城跡(京都府亀岡市) »

2008年7月24日 (木)

五合山城跡(京都府園部町)

京都府南丹市園部町小山にあって園部駅の南西にある台形状の山が城跡

地名から小山城とも呼ばれているが成立は南北朝まで遡り戦国期においては長沢氏と文献には載っている、この長沢氏は当時八上城主波多野氏に仕えた七頭家の中の一人と伝えられているが詳細は不明。

城跡へは南側麓の顕正寺横に老人会館があり、そこから北に向いて山道があるのでそれを利用すればすぐに分岐の大きな堀切跡に見える地点までは辿り着ける、ここから西側へ上れば踏み入る事の出来ない様な雑木密生地帯になっているが、外見から判断するには出郭とも見受けられる。逆に東に向いて踏み跡を辿り上れば難なく山上郭跡には到達出来る。

現状城跡の判別出来る遺構としてはほぼ単郭に近い主郭周囲を囲む土塁と空堀、及び土塁虎口、虎口郭と限られ、他は二月と言うのに身動きも取れない雑木藪と化しており視認も困難な状況にある。規模は山上全体を占めるもので相当な広さがあり当時は館城的な要素を持ち合わせていた様にも窺われる、南側を下りた尾根に向いても郭跡は展開されていると察せられるが移動も困難な藪の為、無念ではあるが踏破は断念する。

この城跡を居館城と位置付ければ充分納得できるが、山城とした場合には余りにも防備が手薄くとても戦国時代まで活用された様には見受けられない城跡と言うのが個人的所感である。

5_minami_gawa

南側から遠望

1route2 登城ルート

3z

城跡概念図

13_shukaku_nai_dorui  主郭を囲む土塁と空堀

15_shukaku_kita_gawa_1 主郭外周の土塁

16_obi_yori_dan_1 高低差の余り無い主郭

« 藁無城跡(京都府園部町) | トップページ | 犬飼城跡(京都府亀岡市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/22515860

この記事へのトラックバック一覧です: 五合山城跡(京都府園部町):

« 藁無城跡(京都府園部町) | トップページ | 犬飼城跡(京都府亀岡市) »

無料ブログはココログ